ロゴ
HOME>Column>歯の健康を守るためには歯医者での治療が大事!

歯の健康を守るためには歯医者での治療が大事!

歯医者

食べカスが歯の健康に悪影響

食事をした後には、歯に食べカスが残ります。すぐに歯磨きなどで除去できればいいのですが、放置すると歯の健康に支障が出ます。誰でも口の中には細菌がいます。飲食や唾液などで自然と細菌は流れていきますが、食べカスが歯についているとそこで細菌が増えてしまいプラークになります。プラークはネバネバした歯の汚れで、歯ブラシなどでこすらないと簡単には落ちません。これは細菌の塊で、そのままにしておくと今度は歯石へと変化します。歯石になると自分で落とすことはできないため、田町の歯医者に除去してもらう必要があります。そして食べカスは虫歯を作るだけでなく、口臭の元になり歯周病も引き起こしていきます。このように食べカスを放置すると、健康な歯に悪い影響をもたらしてしまいます。

歯

予防歯科で行われるコト

予防歯科は痛みを感じる前に定期的にケアすることです。これは早いうちに行う方が効果が高く、歯の生え始めの時期が理想と言われています。田町の歯医者での予防歯科は、まず口の中の状態を調べます。虫歯の有無だけでなく歯茎も異常がないかもチェックし、何か見つかればすぐに治療をします。定期的にチェックをしているので、悪化する前にケアができます。そして歯石の除去をします。毎日歯磨きをしていても歯石は付着するものですが、これを取ることで歯周病や口臭を防ぎます。またクリーニングをする歯科もあり、日頃のブラッシングだけでは残ってしまう汚れを取り除きます。そしてフッ素によるコーティングです。虫歯を防ぐにはフッ素塗布が有効で、歯医者で歯をきれいにした後にフッ素でコーティングをして歯を強化します。最後に日頃のケアについての指導があります。自分でどのようにケアをしていけば、歯の状態を保てるかについてアドバイスを受けられます。